ストーカー対策調査

ストーカー対策調査なら【THE探偵長崎】

ストーカー対策調査

ストーカー

つきまとい等とは、加害者があなたに対する恋愛感情などの好意の感情を持ち、その感情が満たされなかったことへの怨みなどの感情を充足させる目的であなたやあなたの身近な人にストーカー行為を行うことをいいます。

こうした行為を放っておくと加害者は、益々エスカレートしていくので自ら被害状況(証拠)をまとめて早めに警察へ相談することが大切です。


ストーカー行為

同じ人に対して下記の行為を繰り返してすることをストーカー行為と言います。
★ストーカー行為は犯罪です!

  1. 1.つきまとい・待ち伏せ・押しかけ・うろつき

    ・あなたを尾行してつきまとう
    ・通勤・通学途中などあなたの行く先々で待ち伏せをしている
    ・あなたの自宅や職場、学校などへ押しかけたり、付近で見張っている
    ・住居等の付近を行ったり来たりしてうろついている
  2. 2.監視していると告げる行為

    ・帰宅直後に「おかえりなさい」などと電話をしてくる
    ・あなたのその日の行動や服装などを電子メールや電話で告げる
    ・「お前をいつも監視しているぞ」などと監視していることを告げる
  3. 3.面会・交際などの要求

    ・拒否しているにもかかわらず、面会や交際、復縁を求めてくる ・贈り物を届け、受け取るように求める
  4. 4.乱暴な言動

    ・あなたに、大声で「バカヤロー」などの粗野な言葉を浴びせる
    ・あなたの家の前で大声を出したり、車のクラクションをうるさく鳴らす
  5. 5.無言電話、連続した電話・FAX・メール・SNSのメッセージ等

    ・電話をかけてきて、何も告げない
    ・拒否しているにもかかわらず、携帯電話や自宅、会社に何度も電話をかけてくる
    ・拒否しているにもかかわらず、何度もメール・SNSのメッセージを送信してくる
  6. 6.汚物などの送付

    ・汚物や動物の死体など、不快感や嫌悪感を与えるものを自宅や職場に送りつける
    ・あなたの自動車に糞尿等を付着させる
  7. 7.名誉を傷つける

    ・あなたの名誉を傷つけるような内容を告げたり、文書などを届けたりする
    ・あなたの名誉を傷つけるような文章をインターネットに掲載して伝えようとする
  8. 8.性的羞恥心の侵害

    ・わいせつな写真などを送りつけたり、インターネットに掲載して伝えようとする
    ・電話や手紙で卑猥な言葉を告げ辱めようとする

ストーカー対策

自己防衛のポイント
  1. ストーカーと完全に接触を断つ
  2. ストーカー行為の証拠を残す
  3. 家の戸締りは入念に
  4. 個人情報(手紙や領収書など)の管理に気を付ける
  5. 観の危険を感じたらためらわずに110番
  • 意思を示しましょう
    嫌だと思うことを無理に受け入れず、嫌なものは嫌とはっきりと示す勇気を持ちましょう。
  • 個人情報の管理
    スマホのGPS設定をOFFにする、SNSやブログの更新をホカエル、郵便物を捨てる際はシュレッダーにかけるなど、個人情報を相手に知られることのないようにしましょう。
  • 警察へ相談
    警察は、相手に対して警告や検挙等の対応を取ることができます。また、あなたの身を守る方法についてアドバイスを得られます。できるだけ早めに相談しましょう。
  • 避難
    危険を感じることがあれば、速やかに相手が知らない場所や、一時保護施設等に避難することを考える必要があります。
  • 周りに相談
    家族や信頼できる友人に相談しましょう。周囲に言いにくければ、専門機関があなたをサポートします。
  • 証拠を残す
    被害を受けた時は、証拠となる、エールや写真などは、消さずに保存しておくことが重要です。USBメモリやPCばどにバックアップしておきましょう。相手がした行為(いつ、どこで、何をした)ということを記録することも有効な場合があります。

無料相談受付中(電話、又はメール)

一人で悩まずにまずはお気軽にご相談下さい。丁寧な対応を心がけております。。

秘密は必ず厳守致しますので、どんな悩みでもご相談下さい。

お電話の受付時間/9:00〜18:00(日・祝日を除く)

 0120-576-3770

 メールでお問合せ

Copyright(c) 2018-THE探偵長崎 All Rights Reseved